先週,仕事とお葬式で全然休みがなかったので,久しぶりの休みという感じがする。
昨日朝一番で「2046」を見てきた。私は香港で,映画のロケ地回りをしたほどウォンカーウェイ監督のファン。撮影をしているという段階から,本当に楽しみに映画の完成を待っていた。
キムタク効果ですごく混むだろうと予想し,朝一番の映画,しかも20分前に映画館に到着した。しかし思ったような混みはなく,客席も半分くらいの埋まり方。あれ?

これから見る方もいるだろうから結末は言わないが,全体的な私の印象は,うーん?という感じ。
花様年華でトニーレオンが演じている役名と同じなので,その映画の続編といった雰囲気だろう(とはいえ,2046のほうが先に撮影されているものなので順番は逆か)
物語が断片的に移り変わるというのは,いつものお得意パターンなんだけれど,それがどうも今回は,飛び道具という印象を受けてしまう。今までの中で一番似ているのが「天使の涙」だが,ブレノスアイレスや花様年華で見せた新しい試み的なものが今回は薄い気がする。しいていえば,最初と最後にCGでつくった近未来的香港の風景?これも日本の優れたアニメーションを日常的に見ている私たちにとっては,若干陳腐に見え,デジタル専門学校の卒業制作風にさえ写る。
きっと2度目,3度目と見ると違う捕らえ方ができるような気がする。もう少し解説,HPを見たりして謎を究明してからもう一度見たいと思う。

映画の帰りに冒険をして,下調べなしでスープカレー屋に入ってみた。お世辞にもおいしそうな雰囲気がただよっていたわけではなく,気まぐれではいってみただけなのだが,それがヒットだった。
野菜の種類が多く,スープにコクがある。大辛にしたが,丁度良い辛味で,値段も850円からということで満足した。街中で手軽にいけるおいしいスープカレー屋さんを知らなかったので,これはまた行きたい。

キッチンスパイス 中央区南3条西1丁目

よく「明日死ぬと思ったら最後に何をたべたいか?」という質問がある。
わたしもよく人に聞く。それでなんとなくその人の本質がわかるから。
いろいろな人に聞いてみると、タイプが2つにわかれる。

一つはとにかく豪勢にいきたい派。普段たべられないけどお腹いっぱい好きなものを値段も気にせず食べたいという豪勢派。ステーキ、かに、すし。中にはすごくリアルに指定して来る人もいる。ビールを片手にかにをおもいっきりむさぼり食いたい!とか霜降りの松坂牛のステーキを!とか

もう一つのタイプは、ノスタルジー派。お母さんが作った煮しめとか学食のハンバーグとか。わたしだったらありえない!最後に煮しめ??おいおい。しょぼいなと。
でもこれが意外に多くて、みんな最後に今までにあったことを思い出しながら、その集大成で思い出の味を味わう。なんともノスタルジックな考えだな。
でも人間の食べたいものって案外こんな風に決まるものなのかもしれないな。と思った瞬間だったな。

そう思うと私は最後の食事は何にしようかな?

最近ダイエットのこともあり,外の食事はなるべく控えていた。
しかも先週末は仕事がタイト,お葬式と重なり,土,日ともずっと仕事場にいた。
ご飯は家でつくって食べていたので,なんとなく人が作ったものが食べたいと思い,昼食は外に食べに行った。
暖中でひさびさにホイコーロー定食。おいしかったが,少し白米を食べてしまった。出されるとついつい…悪い癖だなー。

夜は,姉の家で岡村靖幸のDVD鑑賞会。私,昔から岡村靖幸ファンで,札幌でやったライブは全部行っている。でも,この間札幌でやったライブはチケット買ったにもかかわらず東京行きとぶつかってしまい,あえなく別の人の手に渡ってしまった。
家にいってみると,姉と彼が料理を作っていてくれた。彼の作るオリジナルカレーがおいしい!更に手作り餃子,甘エビのサラダ,海老の殻でだしをとったお吸い物。
おいしい料理の数々に大感激!
DVDを2回もみたり,ハワイの写真をみたり,とても楽しいひとときを過ごした。

写真は手前ひき肉ときのこのカレー(ルーのみ),左にら餃子,右甘エビサラダ

…ついにこの話をする時がきた。
東京,ハワイとまさに食の旅を終えた私は,先週月曜日からダイエットを敢行している。
その名もアトキンスダイエット。
私は,何年か前から体重がだんだんと増えてきていた。これではまずいと去年からスポーツジムに通い,少しづつ体重が落ちているとはいえ,ここで一気に巻き返しを計りたいと思っていた私。
アトキンスダイエットというのがあると知ってはいたが,本当に痩せるのか?といういぶかしい気持ちが強く,いまいち踏み切れずにいた。
しかし,知り合いの方たちが次々とその方法で痩せたときいて,わたしもやってみる気になった。

アトキンスダイエットとは,要するに低糖質な食事をするということで,主食(炭水化物)を食べない。肉(魚)+野菜+汁物という構成で,禁止食品がいくつかある。炭水化物,いも類,果物,コーヒー,お酒,牛乳,お菓子はだめ。あとは,おなか一杯になるまで(腹八分目が理想のようだが)食べても良いようだ。そして1日2ℓの水分をとる。
2週間までが脂肪の代謝を活性化させるようで,特に注意が必要な期間らしい。食べることが大好きな私だが,2週間ならなんとか頑張れるかとはじめている。途中お酒を飲むこともあったが,糖質低めな赤ワインか焼酎でなんとかしのいでいる。

今現在の途中経過を話すと,確かに痩せた。1週間で2キロ。
ハワイから戻ってきたら1.5キロ増えていたのでなんともいえないが,それなりの成果ではないだろうか?だが,あと1週間あるので,まだまだ油断は禁物。これからが勝負だ。
絶食したり,少なくしたりするわけではないので,空腹のつらさが比較的少ないのが良い。空腹がつらくなったらナッツがいいらしく,アーモンド,マカダミアナッツ(これはハワイで買ったもの),ぬれピーナッツなどを食べ,空腹を癒している。

以前からGI値の低いものを食べるように気をつけたりしていたが,ここまでがっちりとしたダイエットというのは初めて。朝,夜と体重計に乗り,食べたものと共にエクセルに付け,折れ線グラフまで表示させている。ジムに通い,行けない日は,家で腹筋30回をこなしている。…我ながら涙ぐましい努力だと思う。

来週の月曜日で終了なので,終わったらまた報告したいと思う。頑張るぞ!オー!

金曜日,姉を驚かせた。
東京に住んでいる姉の彼から,「姉を驚かせるために力を貸して欲しい」と言われていたのを面白がり,協力した。姉には,彼が土曜日に来ると話をしていたのだが,実際は金曜日に極秘来札していた。
私が,姉を金曜日に呑みに誘い,そこにいきなり彼が登場!そういう筋書きだった。

前もって月曜日から「金曜日に呑みにいかないか?」と誘い,準備は着々と進められていた。店も決め,待ち合わせの場所も決めた,それとなく待ち合わせ前にどこに行くかを聞き出し,彼に即効メール。
呑みに誘うなんてめずらしいね。といわれる言葉にドキリとし,お店が空いてなかったらどこへ行こう?などと心の中でシュミレーションしたりしていた。

仕事も早々に切り上げ,待ち合わせ場所のタワーレコードへ。視聴や音楽雑誌を軽く見た後,いざお店へ!7時に彼がお店にくることになっていたので,その前には着かなければ。時計が気になる。しかし時間は十分ある。大丈夫。

行こうと思っているお店は,結構混んでいる事が多いので心配していたが,4人くらいは座れる座敷の席が取れた。カウンターで2人しか座れなかったらどうしようかと思ったよ。
双子好きのマスターも半年ぶりくらいなのに,私たちのことを覚えてくれていた。
注文を済ませ,ハワイの写真などを見ながら話をしていると…姉の彼登場!

姉は目が悪いため,一瞬似た人かな?という表情を見せたが,やはりそうだ!とまさに2度見した状態!「どうしてお店がわかったの?」と彼に聞いたが,まさか私がグルだったとは思ってなかったみたい。「何でって…」笑いがこみ上げる。
結局,姉は店を出るまでビックリした状態を引きずっていた。

狸小路のはずれにあるこのお店はかなり古いが,味はおいしいし,安い。本来はラーメン屋さんだけれど,夜は居酒屋としても営業している。ここの手作り餃子は,皮がもちもちしていて絶品!ラムの煮込みもデミグラスソースで煮込んであって,ここでしか食べられないおいしさ。ラーメンは,ラードをいぶした様なスープにかんすい少な目と思われる麺が,なんだか懐かしい気持ちにさせる。それほどラーメン雑誌などに載っていないが,おいしいお店だ。
写真は,奥はかきのチーズ焼,手前は焼き餃子

一徹 中央区狸小路7丁目


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM