元旦はいつも市内にある実家にいき、食事を食べるというのが通例になっている。
毎年のことながら、今年もお腹がはちきれそうになるほどご馳走を食べ、さらに料理をたくさんもらって帰ってきた。
ダイエットも正月は休止し、正月あけに頑張ってジム通いになるのだが…

実家では、初めてホテルのおせちをとっていた。サッポロロイヤルホテルの中華、洋食おせち。
中華はエビチリ、カニフライなどお店で食べるそのままの味付け。洋食もテリーヌやグラタンなどかなりレベルが高く、おいしい。今はおせち料理を買うようになったといわれるが、味はどうなんだろう?と思っていた。しかしおいしいものなのね!

いわゆるおせち料理らしいもの。例えばうま煮や黒豆、きんとん、たいの御頭焼き、母のオリジナルで、毎年おいしい鮭のマリネやかにたまなど結局は作っていたが、例年よりは随分料理が楽だったと言っていた。
実家にいた頃は、ぐうたらと寝正月か家族マージャンなどだったが、実家を離れてからすっかり正月っぽい雰囲気がなくなったように思える。
子供の頃は、正月が長く感じたが、今はあっという間。きっとすぐ出勤することになるんだろうなー。
今日は北海道神宮にお参りに行った後、初売り!今年は初売りと同時にバーゲン開始のところが多いようだ。頑張ってブーツ、服などをゲットしてくるぞ!おー!

あけましておめでとうございます。
今年ものんびりやっていくつもりなので、お付き合いよろしくお願いします

昨日はノースウエーブのイベントでゼップサッポロへカウントダウンへ。
こんなときに地下鉄人身事故があったり、予定より遅くなり、
一番目当てのbonobosは見られず…

行ったときはクールドライブがもう演奏をはじめていた。
入り口で知り合いのイベンターさんに会い、挨拶をしていたら
入り口付近でまったり呑んでいたクロエちゃんに声をかけられる。
今日のために特別に用意されたスパークリングワインを500円で買い、
そのまま乾杯!
ライブをみていたらすぐにカウントダウンとなった。
いままでライブをやっていたメンバーがでてきて、ここで初めて生でbonobosを
見た。
カウントダウンは意外とあっさりしていて、その後フルオブハーモニーの
ライブに突入してしまった。

大体見たら途中ででて、すすきのまで移動。
フォアンタムカフェにて(懐かしい、ここってまだあったのね!)
年越しそばならぬ年越しフォーと水菜のサラダ、スパークリングワインを飲む。
そして地下鉄で帰ってきた。カウントダウンをしに街へ出たのは
初めてだったが、本当に街行く人は若い人しかいない。そしてすすきのも
案外賑やかなのがありがたかったー。

2時すぎでも地下鉄があるなんてうれしい…

今年も終わろうとしている
陳腐な言い方だが、なんだかやけに1年が早い。
去年、おととしと身内の入院が重なり、年末年始はずっとばたばたしていたので、こんなに平和に過ぎていく年末年始は久し振りだ。

先日、東京から自分にお土産として買ってきたジャンポールエヴァンのチョコレートがとてもおいしい。甘さが控えめで、口の中にいれるとほわっと溶けていく。小さな1粒でもそれなりに満足するから凄い。
友達からいただいたグラマシーニューヨークのチーズケーキもコクがあり、まろやか。素材の味を生かし、あまり手を加えない北海道のお菓子とは違い、有名店といわれるお菓子はしっかり手わざ、仕事が施されている。たべものというのはいろいろ奥が深いと思った。
まだまだ精進して「たべもの道」に深く足を踏み入れていきたいと思った。
来年もこのようにマイペースでブログを更新していこうと思うので、よろしくお願いいたします。

前日にひきつづき東京でのことを。

3日目はもう帰る日だ。ホテルを11時にチェックアウトし、森美術館でやっている「アーキラボ〜建築・都市・アートの新たな実験展」を見に行った。仕事柄エスキスやパースなど、これだけの数を見られる機会は少ないので、とても興味深くおもしろかった。
美術館内はかなり広く、なぜか迷い込んでしまったおばさん軍団がずっと喋りながら見ている。でも内容的に結構マニアックなので、一般の人はわかりづらい内容。
大抵「なにこれ?なんか全然わかんないわ。もう出ましょ」と途中から出口に急ぐことになっていた。確かに専門的だし、ここでこの時期にやる展示に向いていないと思う。もっと一般の人に受け入れられる絵画などにするほうがよかったのではないかと心配になった。

美術館をでて、六本木ヒルズのあたりを歩くとさすがクリスマス。すごい人だ。エスカレーターに乗るのにも並んで乗る状態。
少し時間をずらしてヒルズ内にある「イデーカフェ」へ。朝のビュッフェでお腹一杯だったのでマフィン半分とチャイを飲んだ。味が濃く、スパイスが効いていておいしかった。

その後、前から買ってみたかった「L’ATELIER」へ。以前、食事をしようと思ったが、すごい行列で断念したところ。今回はパンとお菓子を買った。
その後、新宿まで戻って伊勢丹へいった。そこでジャンポールエヴァンのチョコレートを買った。ここのチョコを一度食べてみたかったんだよな。
そしてもう空港へ。あっという間の3日間だったけど、結構充実していたよなー。
楽しかった。

東京二日目。この日はクリスマスイブ。天気も良い。
ホテルでビュッフェの朝食を軽めにすませ、いざ築地へ。9月に行こうと思っていたが休日で場内が休みのため断念した経緯があるので、とても楽しみに調べたりしていた。
築地場外に入る頃には、観光客と仕入れの人ですごい混雑ぶり。バイク、貨物を載せる車がすごいスピードで走り抜けていく。ここでは、仕入れの人や市場関係者が優先なのだ。時間をずらしてきたつもりだったが、中国や東南アジアの雰囲気に似ている。活気があって面白い。築地を見にきた外国人の姿も多く目にする。
その中、まず場内へ。時間を少しずらしてきたので、大方のせりは終わっていたが、トラックに詰め込む様子などはまだ多く見られた。

あちこちを見て廻り、写真を撮って一段落すると大和寿司へ。大和寿司は場内で一番おいしいといわれてるだけあって既に行列していた。3,40分ほど並んで店内に入った。
店内は、引き戸が2つあって、2間口をつかって営業している様子。狭い店内に板前さんがなんと6人も居る。カウンターのみで後ろにやっと一人通れる程度。座ると早速「おまかせコース」3000円を注文した。中トロ、マグロ、アナゴ、うに、車えびなどの握りのほかに卵焼きや焼いたえび、ネギトロ巻などの巻物、味噌汁もついている。
普段札幌でお寿司を食べているせいで、他の人よりも割安感は少なかったが、東京でこの内容で3千円は相当お得だと思う。北海道ではあまり入ってこない車えび、アナゴのにぎりなどはうれしかった。東京湾のひかりものを食べたくてアジを追加注文。これは1カン300円だった。
お腹も相当満足したところで場外を見てまわった。場外は札幌の二条市場を巨大にしたような感じ。お正月の買出しでかなりごった返していた。そこで手作りホット豆乳やキムラヤでてんぷらあんぱんなどを買った。

その後中目黒に移動し、街を見て回り、代官山近くの「カフェミケランジェロ」へ。ここは雑誌などでも見たことのあるお洒落なお店。夏はオープンカフェになるのだろうが今日はガラス戸が閉まっており、雰囲気はオープンカフェだが暖かかった。ハーブティーで体を温めた。代官山の辺りのお店を見て回り、昨日からの足の疲れもあり、初めてリフレクソロジーを体験。その後良い気持ちでライブハウスへ。

そしてついに東京へ来る最大の目的「堀込泰行、ハナレグミ、畠山美由紀」の一夜限りのライブ。ひとり30分くらいの持ち時間で弾き語り。カバーやクリスマスソングなどめいめいが演奏した後、3人でクリスマスソングを。
そして最後に3人で出したシングル「真冬物語」を披露した。いやー本当に楽しいライブだった!3人とも緊張しながらもゆるい雰囲気で、この場所でライブを見られたことがすごくうれしい。とにかく3人とも歌が上手い。声はすばらしい楽器だということを実感。3人がはもりながら、かわるがわる歌う様は、すごい贅沢感!

ライブ終了はもう10時近かった。恵比寿まで歩き、あらかじめhanakoで調べておいたニュージーランド料理店へ。ここの名物であるムール貝のスチームは絶品!ゴルゴンゾーラチーズのソースとからめるともう至福のひととき!生ハム、コッパなどが入った前菜盛り合わせ、ラムチョップ、ペンネパスタを食べると凄い満腹状態!ムール貝のスチーム8つで1200円はかなりお得だと思う。店の人の対応もとてもよく、さすがhanako年間総合第2位になるだけあるな。と思った。最初に電話をかけ、席を取っておいてもらったせいか、奥の半個室のような一番素敵な席にしてもらえた。普段はきっと予約が取りにくいお店なのかもな。
今日は築地、代官山、ライブ、おいしいニュージーランド料理と相当満足したクリスマスイブだった。サイコー!


写真はちょっとわかりづらいけど,ムール貝と前菜盛り合わせ


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM