私にとって4回目のハワイ。
今回は千歳から直行便がなくなってしまったので、初めて成田から直接ハワイ島にとんだ。取りにくい千歳〜成田便もとれ、気持ちもごきげん!
しかし機内に入ってみると、座席の前についていると思っていた画面がなく、映画が自分の好きなように見られないのがとても残念だった。夜9時出発だったこともあり、搭乗直前にメイクを落としてすっかり寝る体制。初めて映画を見なかった。ハワイ就航50周年ということで、エコノミークラスで初めてスパークリングワインが呑めたのがせめてもの救いか?
ハワイ島につくと入国審査で10月から導入したばかりの指紋、顔写真をとられてしまった。係員もまだまごついた状態で、大幅に時間がかかり、以前ハワイ島についたときよりずっと遅い到着になってしまった。

ホテルはヒルトンワイコロアビレッジといって、広大な敷地にホテルが3棟。プールもいくつもあり、ホテルを結ぶ電車、船が走るほどの大型ホテル。でもホノルルに比べると人が少なく、ゆったりした雰囲気。言わずと知れたザ・リゾート!
ホテル内で飼っているイルカをみたり、いくつもあるプールをまわるだけでも何日も楽しめる。
このホテルは2度目だが、今回は部屋指定なしにもかかわらず、海も見える素敵な部屋!一気にリゾート気分も高まるというわけだ。ホテル内にあるスパでロミロミマッサージもうけた。ロミロミとはハワイの言葉で「もみもみ」。ここで芯からリラックスし、スパでゆったり。

ハワイ島でわたしの一番のハイライトは「火山の溶岩が流れるのを見るツアー」だ。ハワイ島の魅力はあふれる大自然。今も流れつづけている火山の溶岩を一度見てみたいと常々思っていた私。インターネットで溶岩が9月から止まってしまっていると知って、がっかりしていたが、結果的には遠くで流れる溶岩が見えた。肉眼で見える赤い光。それこそが地球の内部から吹き出てくるものなのだ。運が良いと、どろどろと流れる溶岩が足元に流れる様を見られるようだが、肉眼で光が見られただけでも良いというものだ。
溶岩が見られなくても、途中滝をみたり、地元で人気のある素朴なポルトガル風ドーナツ「マラサダ」を食べたり(これは最近クウネルハワイ特集で紹介されていた)、ハワイで一番おいしく、ハワイ島の工場でしか買えない「ビックアイライドキャンディー」のチョコやクッキーを買ったりと飽きないようにコースが組まれている。このツアーは道のりがとても長く、150ドルとちとお高いが、行く価値が十分あると思う。
写真は,左からマラサダ,標識が溶岩で埋まってしまっている様子


ようやく帰って参りました!
帰ってきて早々こんなタイトルなんてびっくりだけど、いやー。まいった。
終わりよければと言うけれど、反対に終わりの印象が強くて強くて。
当初は8日にハワイから成田、成田から札幌と帰ってくる予定だった。最終日朝、ハワイのフロントでチェックアウトをするときに話し掛けれた女性から、東京に台風が来ていると聞いていたのだが、JALや空港では一切そんな話は出ていなかった。そして飛行機の中でも、そんな話はなく、和やかに時間は過ぎていく。

着陸1時間くらい前になってようやく「着陸に揺れることが予想される」とのアナウンス。台風が来ているからだな位に思っていたら、いやー、揺れる、揺れる!ジェットコースターの様な縦揺れの後に激しい横揺れ。まさに生命の危機を感じるような状態。当然、機内の7割位の人は吐いていて、スッチーも後ろ担当の4人中3人は吐いていたそう。

そして成田空港付近の家がはっきり見えるくらいまで降りたところで「着陸許可が出ず、順番待ち」のアナウンス。機体は大きく上昇し、旋回。2度ほど着陸をトライ。その度に、機体は激しく揺れ、前の座席の紙袋がみんな足りない状態に。私も至上最大のグロッキー状態。
機内はまさに地獄絵図。あちらこちらで吐く声と揺れるたびに聞こえる悲鳴。子供は泣き出し、どこかでスチワーデスをよぶ声。しかしこんな状態では、スチワーデスも席を立つことは不可能だ!

その後、「成田は降りられず、関西空港へ行く」とのアナウンス。途中、機長から5分間だけトイレに立つのを許される時間があった。私も急いでトイレに立ったが、紙袋を持ち、壁を抑えながら待つ状態。約45分くらいした頃、ようやく関西空港に降り立った。
しかし13台の待機機体があるらしく、順番待ちのため、機内で2時間半軟禁状態。その間、緊急連絡で携帯を使って良いとアナウンスがあったので、家族などに連絡できた。大阪市内の全てのホテルが一杯、新幹線も不通とのアナウンスがあり、機内も緊迫した状態だった。

静岡にいる弟と連絡が繋がり、関空〜札幌便が取れ次第、ネットで関空付近のホテルを検索してもらう旨を打ち合わせしていたのが功をそうし、空港につき、トランクが回る前に、わたしだけ先に外に出て、札幌便のチケットと交換した。ホテル案内所の前では長蛇の列ができている。
ネットでは全てのホテルが満室だったようだが、弟が空港近くのホテルに電話をかけまくってくれたおかげで、関空近くの宿が奇跡的に取れた!
本来なら2時半に成田に到着する予定が、関空から無料バスに乗り、ホテルについたのが夜10時過ぎ。終わりかけていたホテルのレストランを空けていてもらい、食事をなんとかとることが出来た。
一夜空け、今日やっと戻ってくることが出来た。JALのほうでは、昨日は宿泊費や交通費2万円を上限として出ると聞いていたが、今日になると宿泊費はだめとのこと。
私が掛けていた旅行保険で、飛行機遅延も特約に含めていたので、お金少しでるかな?一緒に行った姉は特約をつけておらず、お金はでない様だ。

飛行機は決して安全なものではなく、死の可能性が近くにあるものだと知った。同時に、普通ならだめな携帯電話使用許可や上空での5分間だけのトイレタイムや融通のきいたサービスなど、やはり日本の航空会社はいいなと思った。アナウンスも英語だとわからないところも多いし、いざとなった時の保証など母国の飛行機会社で良かったと感じる。
ハワイの様子は明日から順次アップしていくつもり!いやー、疲れた。
やれやれ。
正直言って、飛行機はしばらく乗りたくない。

昨日ひさびさに「ソルトピーナッツ」にいった。
わたしが焼肉部門で一番好きな店である。以前ラーメンで紹介したことがあるのを覚えているだろうか?
狸小路から桑園に移転して,いまいち場所が悪くなってしまったが,
自転車でならそう遠くないのでいってみることにした。駐車場もあるので,
車の方にはおすすめのお店。

このお店に行くとだいたい頼むものが決まっている。いろいろ試したが,結局一番好きなメニューに落ち着いてしまうのだ。
まず自家製ワイン「金印ワイン」デキャンタ。そしてカルビ定食1つ。
これには麦飯,お吸い物,ここの名物でいろいろな野菜が入っている
「おまかせサラダ」がついている。
それに生でも食べられる「レバー焼き」,タン塩1つ。
これで二人おなか一杯!とくにここのタン塩はおいしい。以前は牛タン塩だったのだが,アメリカ牛輸入禁止によって牛タンの値段が高騰してしまい,豚タンになってしまっている。やはり牛タンのほうが歯ごたえがよいが,
ここのタンは本当に絶品!
デザートは名物になっているヨーグルトアイスをいただいた。ヨーグルトアイスはてんさい糖をつかっているので甘さがしつこくなく,とてもおいしい。
ここでしか味わえない素朴なアイスクリーム。
マスターと顔見知りなので,サービスでアップルパイと梨をだしてもらえた。
そのアップルパイも手作りなのでおいしい!
ダメ押しにラーメン締めでいっちゃう?と思ったが,これ以上食べると
さすがにまずいとやむなくやめることにした。

実は明日からハワイ旅行に出かけるため,1週間ほど更新をお休みします。
帰ってきたらまたハワイごはんをアップします。今回はかなり調べているので,
おいしいものをたくさん食べてこようと鼻息荒くしてます。お楽しみに!

ソルトピーナッツ 中央区北北6条西15丁目

今日のランチは久々にスープカレーを食べてきた。
一緒に仕事をしている人がおいしいらしいと情報をつかんできたが,店構え的にあまり期待していなかった。
店内に入ってみると,爆音で民族っぽいトランス系音楽が聞こえてくる。内装も民族っぽさ100%!エスニックっぽいにおいさえしてきている。
メニューはだいたいすべて900円。最初はシンプルなものを頼むと決めているので,鶏肉と野菜のスープカレーにした。他にmomo(モンゴル餃子)と野菜のカレーなどもあった。
割と早めに運ばれてきたカレーを一口食べてみると,見た目とは裏腹にさらっとした感じ。お好みでと言われたナンプラーを入れてみる。
うーん,なんとなく何か一味足りないかんじ。それがなんなのかはわからないが,いまいちコクが足りないような?あっさりでもいいんだけど,コクが足りないのは困る。

やっぱりスープカレーは有名店のほうがおいしい。ラーメンなんかだと隠れた名店が存在するんだけど,スープカレーは歴史が浅いだけに,まだそれに至ってない。
でも旅行前にスープカレーを食べたかったからその点では一応,満足した,のかな?

SHANTI 中央区北5条西28丁目

初めてのお取り寄せをした。福岡「ふくや」のお試し詰め合わせセットだ。
以前,福岡に旅行に行ったとき買った「ふくや」の明太子といわし明太がおいしくて印象に残っていたが,最近YAHOOショッピングで盛んに宣伝をしていたのを見て,我慢できず注文しちゃった!
内容は,いわし明太2尾,いかの明太子づめ2杯,博多辛子ふぐ2尾,博多鮭カマ焼2尾,博多紅トロ2尾,明太しゅうまい8個だ。それに合えるだけでOKの明太スパのソース。(これは追加注文)
早速,届いたその日にいわし明太を食べた。福岡のめんたいこって本当に辛いからおいしい。うーん,感激。
いろいろ入っていて試せるというのがお得だと思う。これなら一人,二人家族でも対応できる量だ。しかも送料無料でしめて3150円!(明太スパのソースは別料金だが)
おとりよせって何だか贅沢な気分ね。


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM