JUGEMテーマ:グルメ

先日、水彩のグループ展があり、友人がたくさん見に来てくれた。

見てくださった方、ありがとうございます〜

 

友人が時間を合わせてきてくれ、帰りに寄った角打ち

大通ビッセの裏側の小さなビルの地下にあり、知らないとなかなか来られない場所

地下に入ると、コンビニのような大きな冷蔵庫にたくさんの日本酒があり、1杯づつ飲むことができる。

 

こちらの特徴としてチケットを買うシステムということ

まずチケットを千円分買い、お通しの300円を払う。

こちらはお寿司や海鮮系の角打ち

まずはエビスビールで乾杯し、あえて巻物の上にどーんとはみ出して盛ってあるまぐろ巻きとホッキサラダ

 

 

 

続いて飲んだのが刈穂(かりほ)という日本酒

時期のひやおろしのもので、フルーティさもあり、おいしかった。

 

そして最後に飲んだのが限定で希少価値があるという楯野川

こちらは角打ち価格で700円だったので、普通のお店なら千円は超えるものなんだろうな。

 

私自身、日本酒はそれほど詳しくなく、酔いやすいので注意が必要だが、寒くなったこの時期に飲むひやおろしが最高だなと思った。

 

 

このお店、酒屋さんがやってるので、値段も安く、好きなお酒を見つけるのに最適。

普段混んでいるのだが、土曜日だったので、すいていてよかった。

 

  • -
  • 08:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://wakaron.jugem.cc/trackback/2593

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM