JUGEMテーマ:グルメ

週末、東京からお友達ご夫妻が来札され、2年ぶりに会うことになった。

札幌駅で待ち合わせし、札幌駅北口にえりも亭へ

こちらは仕事を長年手伝ってくれている北大生がバイトしていたお店で、いいお店だと聞いていたので、行けてうれしい!

店内は少し暗めで、クラシカルな雰囲気。

店内は思ったより広いが、カーテンでゆるやかに仕切られているので、ゆっくりできる。

 

そこで色々あるランチの中で豚しゃぶランチ

かなりボリュームがあり、これで1人前?と思ってしまったほど

昆布が練り込まれたお蕎麦や小さい器に入ったチラシ寿司、そして蒸籠で蒸された豚肉とキャベツ。

さっぱりとしたポン酢で食べたので、意外とするりと入った。

 

デザートとクーポンをだして珈琲

 

積もる話でもりあがり、昼時間いっぱいまで話し込んだ

店を出ると近くの北大へ

こちらの博物館はかなり充実していて楽しいのだ。

 

北大構内は広いが、お散歩気分でまわり、博物館へ

1つ1つの部屋が学部ごとになっており、3階までびっしり!

ノーベル賞の部屋あり、化石や鉱物の部屋があったと思うと、ロケットの部屋や水産、医学部の部屋までバラエティ豊か。

じっくり見ているとこれまた2時間以上経過していた。

 

さすがに疲れたころ、大学構内にセコマができたので行ってみた。

1階で買ったものを2階のテラスやテーブルで食べることができる。

テラスではジンギスカンを楽しむ学生も!

この日は2時までに予約しておけば楽しめたとのこと。

 

夜の店を予約していたので、コーヒーで我慢。

ちょっとの休憩の後、夜の予約の時間が迫っているので、そそくさとセコマを出て、タクシーですすきのへ

 

夜は塩ジンギスカンの八仙を予約していたのだ。

店のオープンは6時10分。

少し前に店につくと、上着やかばんはビニール袋にいれるシステム。

傘は廊下の置き場におき、店内に入った。

店内は小さく、相席でそれぞれの七厘が置いてある。

 

飲み物を頼み、塩ジンギスカンと言わなくてもまずは塩ジンギスカンが運ばれてくる。

お通しにクラゲの上に山わさびが乗ったものが出てくる。

これがさっぱりとしてておいしい!

 

運ばれてきた塩ジンギスカンはとっても厚く、途中ではさみで切るシステム

切った塩ジンギスカンにネギと唐辛子を乗せて食べるが、ジューシーでおいしい!

薬味の唐辛子は辛そうに見えるが、韓国唐辛子なのか、それほど辛くないので、誰でも食べられる辛さ。

 

厚みがあるので、すごーくおいしいのに量が食べられないのが残念!

失礼ながら簡素な店だが、味は一級品!

 

 

 

シメはもう1つの名物の牛トロ丼

北大と帯広の畜産加工所が開発したトロのような牛肉フレーク

冷凍状態なので、少し温かくなったころが食べごろ。

醤油がかかっており、北海道人のソウルフードであるバターしょうゆご飯のような濃厚さ。

 

時間にして1時間くらい?だが、大満足で店を後にした。

気づけば雨が強くなっている。

この日は台風が近づいているので、これまで持ったのはいい方か。。

 

お腹いっぱいではあったが、せっかくならと夜パフェのカフェへ

前は待つほどだったが、1軒目が早かったのが功を奏し、すいていてラッキー

 

フルーツたっぷりの素敵パンケーキを頼んだが、思ったよりおなかに余裕がなかった笑

こちらでもゆっくりおしゃべりを楽しみ、たくさんのお土産を頂いた。

気づけば10時すぎ。

 

1日札幌散歩を楽しんだ。

 

 

 

  • -
  • 08:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://wakaron.jugem.cc/trackback/2589

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM