JUGEMテーマ:旅行

夕食が終わると部屋に戻り、せっかくだから温泉街を歩いた。

1時間に一回登別温泉の閻魔様の顔が変わるからくり像があったり、ダイナミックな源泉が見られる公園があったりと街歩きが楽しいが、外を歩いているのはアジアのお客さんだけ。日本人はご飯後は部屋でくつろぐのが定番なんだろう。

名物の登別地獄ラーメンも夜はやってなかったりして、時代を感じさせた。

確かにホテルの中でカラオケやプール、シメのラーメンまで食べられるものね…

 

今年の登別はカメムシとテントウムシのが大発生してるようで、もし部屋にいるようでしたらフロントにお知らせくださいと言われてたので、お願いすることした

小さなカメムシやテントウムシが何匹かいたのだ。

小さな侵入者がいなくなってほっとした。

寝る前にもう1度お風呂に入って気持ちよく就寝

 

朝風呂も楽しみ、朝食時間

特にホテルメイドのカレーがおいしかった!

風船の中に入った豆腐もおいしかったな

 

 

久しぶりの登別温泉を楽しんだ

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:旅行

先日、仕事がらみで登別に泊まった
折角なので、北海道ふっこう割を使って登別温泉に泊まることにした。
登別温泉に泊まるのは相当久しぶり
終わりごろの紅葉がキレイ。

ロビーでチェックインすると、こんにゃく煮をもらった。
チェックインサービスとのこと。
更にロビーで写真を撮ってもらい、後でプリントしてくれた。

部屋はお任せパックの安いプランだったが、9階の山側
丁度クマ牧場のリフトが見える。

なんだかブレブレ
ちょっとくたびれてはいるが、8畳間で、トイレやお風呂もついている。
部屋には地獄谷を連想させる鬼のキャラクターがついた温泉まんじゅうが置いてあった。



食事前に軽く温泉に入った。
大きなお風呂は気持ちがいいな〜露天風呂も結構広い
お風呂にはシャンプーバーというのがあり、結構な種類のちょっとリッチなシャンプーがあり、自由に使っていいようだ。

夕飯時間になり、ビュッフェレストランへ
こちらはいわゆる温泉のビュッフェだが、秋の味覚を楽しめるようになっており、その場で職人差が作ってくれる天ぷら、ステーキが名物かな
子ども用にキッズコーナーがあり、タコさんウインナーやコーンスープなどがあった

珍しいのは、マイコンロで作るジンギスカン




デザートまでしっかり食べたら苦しい!
続く
 

JUGEMテーマ:旅行

週末、赤平に行って食のタンタンまつりに行ってきた

こちらは炭鉱があった場所にセミナーセンターができた。

 

そこで午前中はセミナーを聞いた。空知地方の市長さんたちがきて、ドイツルール地方に行ったときの話などが聞けた

 

 

その後はお待ちかねの炭鉱グルメ!すでにすごい人!

特に美唄やきとりのお店はずっと行列が絶えなかった

 

 

この日は11月とは思えないほどいい天気

石炭ストーブの前でガタタンラーメンとホットワイン

ガタタンは、赤平の炭鉱グルメで、ホルモンと野菜を味噌で煮ている。ガタタンは何店も出店しており、それぞれに味が違う。

 

少したってからビールと夕張名物のカレーラーメン

このカレーラーメンはちょっと薄い味付けで残念だったが、体があたたまった

 

立坑前のステージでは水曜どうでしょうのミスターこと鈴井貴之さんのトークショー

鈴井さんは赤平出身で、現在赤平に広大な土地を買って住んでいる。

 

秋まで開催されていた赤平アートも開催されていた。

充実した1日だった。

 

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:旅行

5時半の夕食の時間になり、ロビー横のガラス張りのレストランへ

こちらは大きな窓から池が眺められる。

仕切りがあり、それぞれのテーブルがきちんと分かれている。

席にはお品書きがあり、わくわく!

こちらは和+イタリアンのレストランで、温泉=和食ではないのがまたいい。

 

シャンパンで乾杯し、まずは前菜

お造り〜今朝の魚市場より

新鮮なお刺身もりあわせ。エディブルフラワーや紅大根で彩られたきれいな一皿。

どれも口に入れたときに新鮮だが、特にホタテの新鮮さは秀逸。

 

 

続いてズッパ・ディ・ペーシェ(魚介のスープ)自家発酵の焼き立てパンとともに

オリーブが練り込まれたパンと魚介のブイヤベース

この濃厚な魚介の出汁がでたスープのおいしいこと!

私は魚介のこういったスープが大好きなので、特にうれしかった。

 

 

次はニセコ産ボルチーニ入り きのこのラグーキッタラ パルミジャーノ・レッジャーノ

白ワインに変えて自家製パスタ

ルッコラとチーズの風味がたまらない!

量的にもっと食べたい〜と思う位で次のお皿に移る。

 

続いてはまってました!メインの十勝牛フィレ肉とフォアグラ 黒トリュフソース

こちらはレアで出されて、とっても柔らかい。

濃厚なソースと焼かれたシイタケ、マッシュポテトとよく合う。焼いたネギが甘く引き立てていた。

うーん。おいしいが、おなかが膨れてきたぞ…

 

本日のおこわ 止め椀で最後にごはんが出てくる。

それがまたたっぷりのカニが乗っキノコの炊き込みご飯と汁物。

炭水化物が多いとは思うが、あまりのおいしさについつい食べてしまう。

 

 

そしてデザートはボネ ピエモンテ風クリフ海のシャンティとマロングラッセを添えて

その時に父には喜寿のお祝いプレートと上に花火が乗ったデザートを持ってきてくださり、素敵な演出。

更にちゃんちゃんこも貸してくれて、写真タイム!

それぞれに対応してくださり、すごくいい時間を過ごすことができた。

 

デザートは栗を使っているので、濃厚で秋らしい。

おいしかった!

 

食事を終え、ロビーに出ると、夜食用にと黒豆茶と鮭おにぎり、味噌汁、クッキーなどが置いてあった。

すごい心遣い!

 

 

 

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:旅行

先日、父の喜寿と両親の金婚式のお祝いで前から行ってみたかった佳松御苑に泊りに行った。

佳松御苑は歴史ある温泉だが、完全建て直しをして、とてもグレードの高い温泉に生まれ変わっていた。

 

まずは定山渓の紅葉を見に二見橋へ

定山渓といえばそのままホテルに直行パターンが多いので、この時期に来たのは初めて。

二見橋という紅葉スポットがあるのも知らなかったほど

それなのに二見橋は観光客の方でごった返していた!

 

 

 

きれいだったが、思いがけず定山渓の喧騒をはなれ、中山峠方面に走ると、少し離れた場所に佳松御苑はある。

ロビーは落ち着いた雰囲気。

夜は暖炉に火がともる。

ウエルカムドリンクは冷たい紅茶だが、水出しのもので、ワインボトルに入っている。

後でボトルの値段紹介しているページを見てびっくり!かなり高級なものだった。

 

 

お部屋は一番いい部屋をお願いしており、両親の部屋と私たちの部屋はコネクションルーム。

中でつながっているので、気軽でいい。

部屋は今まで泊まった中で1,2を争うほどのくつろげるいいお部屋

インテリアもセンスが良く、部屋からは原生林の紅葉がまばゆい。

寝室が別になっており、しっかり仕切ることができるのでとても良い。

寝室にまでテレビがあり、時間帯が違う夫婦だとしても問題なし!

 

 

今回は特別にフルーツ盛り合わせを部屋に置いておいてくれていて感激!

部屋に1杯ドリップのコーヒーメーカーがあり、コーヒーを入れて一緒に楽しんだ。

両親とおしゃべりしながらのひと時は楽しい。

 

母のリクエストで一緒に佐伯チズさんのエステを体験しようと思っていたのだが、なんと!満員で残念〜

エステの入り口だけ写真を撮らせてもらった。

 

ロビーから見える池にはデッキになっている。

 

もう少し暖かい日だったら、コーヒーでも楽しみたかった

 

2階にはサロンがあり、24時間自由にコーヒーを飲むことができる。

 

館内探検をしていたら、だんだん夕方になり、ロビーの灯りがともり、雰囲気もムーディーに

 

部屋に戻ると、紅葉がライトアップされて幻想的な雰囲気になっていた。

このライトアップ、世界的に有名な方がかかわっているそうで、時間によってライトアップが変わる。

 

私は食事前にちらっと源泉かけ流しの部屋のお風呂に入ると、本当に気持ちがいい。

お風呂からも紅葉が見え、贅沢気分〜

(写真は朝の風景)

お湯は自然なとろみがあり、温まる。

定山渓とは違う源泉らしく、ここだけの源泉。 
部屋で自分だけのためにいつも温泉が流れているなんて!

 

夕飯は5時半と7時からの2部制になっており、5時半を選んだ。

 

続く

 


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM