JUGEMテーマ:旅行

朝は5時半の始発の列車に乗って空港へ

鉄道駅も近いので大変助かる。

バルセロナ空港は大きく、スペインらしいものを買えるのがいい。

サルサソース、ニンニクのアイオリソースを買った。

帰国して食べてみるとそれが特別においしかったので、重いけれど買ってよかった!

 

バルセロナからはウィーン乗り換え

飛行機は小さく、きつめ

 

ANAと提携しているLCCで、機内食がないと思っていたがサンドイッチと飲み物が出た。

 

ウィーンでの乗り換えは45分

ネットによると小さいから乗り換え大丈夫と書いてあったが、端に乗り入れになったせいで、走った走った!

へっとへとで登場口にいくと、すでに搭乗する人が数人残っているだけになっていた。

羽田行きのANAに乗り込んだ。

帰りは一番後ろの席にしたのが功を奏し、3席を2人で使えたので、すごく楽だった。

今回も離陸前にスターウォーズのライトショーとアナウンスがあり、久しぶりの日本語になんだか和む。

最初の食事は白身魚のご飯

スモークサーモンがすごくおいしかった!

茅乃舎のだしを薦めてくれて飲んだところ、ほっとした。

途中、トイレのついでにセルフサービスコーナーを覗くと充実していてびっくり!

小さなサイズのポテトチップスやめんべい(福岡の明太子おせんべい)などいただいて席で食べた。

 

映画はアカデミー賞をとった悪名高きアメリカ副大統領を描いたバイス、2度目のボヘミアンラプソディー、メアリーポピンズリターンズを見た。

ボヘミアンラプソディーは、2度目にも関わらず、やっぱり面白かった。

 

2度目の食事は焼うどん

外国で作ったものなので、なぞの青菜だったり、ニンジンがやけに大きかったり…笑

 

そうこうしていると、スムーズに羽田に到着。

羽田はまだ朝7時ごろ。

 

羽田から帰る便を夕方にしていたので、まずは出汁のきいたそば

日本独特の出汁を欲している自分がいるな〜

こちらは浜松町のそば

札幌のものよりも麺の量が多い気がする。

朝のラッシュを少しずれた時間だが、ビジネスマンが朝食を食べていた。

 

飛行機を夕方にずらしたのには理由があった。

それは西洋美術館でコルビュジェの展示を見るため

今回はコルビュジェの絵画を中心になっていたのでちょっと驚いた

 

1Fの特定の場所のみ撮影オーケー

 

特別展を見ると常設展も自動で見られる。

西洋美術館の常設はすごく充実している。

さすが松方コレクション。

 

空港に戻り、ランチ

デミグラスのオムライス

おいしかった!

このころから疲れが出てきた。

 

夕方、千歳空港への飛行機で札幌へ戻った。

今回は本当に歩き続けた旅行だったな〜

1つの施設をじっくり見るため、時間と歩行距離がどうしても長くなってしまう

 

今後は年齢も考え、少しゆったりした日も作りたいと思った…が、結局歩き回っちゃうんだろうな〜笑

長いスペイン旅行も終了!

長くお付き合いありがとうございました。

 

 

JUGEMテーマ:旅行

サグラダファミリアを見た後は地下鉄に乗り、山側へ

スペインで万博やオリンピックがあった時に開発された地区へ

こちらはカタルーニャ美術館などがあり、展望が望めるエリアだ。

大きな体育館などそれぞれの建物が大きく、それぞれの移動が結構遠い。

坂道になっているので、所々エスカレーターがついていたりする。

 

まずはバルセロナ博覧会の時に、ミース・ファン・デル・ローエが設計した建物へ
こちらはモダニズム建築の巨匠であるミ―スが1929年のバルセロナ万国博覧会でドイツ館として設計した建物が復元されている。

 

建築好きな学生やデザイナーっぽい方でたくさん。

こちらにも韓国の方のインスタ写真のグループが来ていた。

確かにインスタ映えしそう!

 

おしゃれな雰囲気

 

本当はその後にミロ美術館を見ようと思っていたのだが、明日の出発が朝5時なのと足が疲れて仕方ないので断念!

カタルーニャ美術館の前で展望した。

 

 

こちらは市民が集っている雰囲気。

気持ちがいい天気だった。

 

そのまま地下鉄でホテルに戻った。

このホテルも今日が最後なので、屋上にあるプールを覗きに行ったら、子供たちが本気で遊んでた笑

 

屋上には小さなテラスもあり、バーで飲めるようだ

時間が夕方だったので人はいなかった。

 

今夜が最後のスペインの夕食

近くに駐車場だったり、シアターだった場所をリノベーションしたおしゃれなお店があると知って行ってみた。

大きな建物の中に6軒のお店が入ってる。

内部はとってもおしゃれ!

日本で言うところの屋台村みたいな感じ。

その中でタパスのお店に入った。

若干早い時間だったので普通に入れたが、その後行列ができるほどになったので、早くてよかった!

スペインオムレツ、生ハムが乗ったポテトフライ、ムール貝蒸しと白ワイン

今まで食べたお店より少しお高めではあるけれど、量も気軽だし、おいしい!

 

 

最後にもう一度大好きな生ハムをオーダー

おいしかった!

 

帰るころに見るともっとにぎやかになっていた。

 

日本はトイレがおしゃれだったりするが、トイレまでおしゃれなのはヨーロッパで初めてかも

こちらの建物の歴史がわかるようになっていて、しゃれてるな〜

 

帰ってから帰国の準備でパッキングをした。

続く

JUGEMテーマ:旅行

スペイン旅行も今日が最終日

本丸であるサグラダファミリア

こちらは事前にネット予約しないと入れない。

近くで見ると、写真に入りきらないほど大きい!とにかく生で見ると、まず最初に大きさに驚く

 

向かいにある公園から写真を撮ると全体が入る。

 

時間は30分おきに入場することになっており、少し前に入り口でスタンバイする必要がある。

でも入ってしまえば日本語対応のイヤホンをもらい自分のペースで楽しめる

私はエレベーターで塔に登るチケットを予約していたので、まずは塔に登る

塔も2つあり、選ぶことができる。

 

上に上がると、塔の連結部分

上から見ると、日本人がトップをつとめている彫刻がとても近く見える。

まだ新しく、きれいな装飾。

この彫刻は果実を表しているそうで、塔により、春夏の果実、秋冬の果実を表してるそう。

 

このように上から見ると景色がはっきり

昨日見たサンパウ病院へ続く道

 

帰りはらせん階段を下りていく

目が回る〜笑

途中、外に出られるところがあるので、急がされることもない

 

上から見るとこんなに人が小さく見える

 

下に降りてきて、いよいよ教会内部を見学

息をのむ美しさ。

このステンドグラスも青系、赤系と別れており、あさのひかり、夕方の光を取り込めるように緻密に計算されている。

 

 

ガウディは教会内を森ととらえていたそうで、まるで木のような柱と木漏れ日のような天井

ヨーロッパの教会内は暗いのだが、こちらはとっても明るいのに驚いた!

 

地下は博物館になっており、相当な見ごたえ!

朝一番に行ったのに、終わったのは2時すぎ。

 

さすがに歩き疲れた!

 

サグラダファミリアサイドの店は高くおいしくないと聞いていたが、1丁ずれるといい感じのお店もある。

見て良さそうなので入ってくることにした。

メニューは写真付きで分かりやすい

 

サングリアとビールで乾杯!

 

食べてみたかったパスタのパエリア!

ちょっとカリッとした歯ごたえもあり、おいしい。

ご飯のパエリアとも全然違う。

 

もう1つはスペイン人の大定番、パンコントマテ

フランスパンにニンニク、オリーブオイル、生のトマトを塗っている。

思ったよりトマトのフレッシュ感があり、おいしい!

 

店を出るとサグラダファミリア

いろいろな角度でさらに写真を撮った。

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:旅行

食事後は徒歩で行けるサンパウ病院へ

こちらはサグラダファミリアからも近い場所にあり、そのころにできた病院

世界遺産にもなっており、歴史ある病院だが、装飾が素晴らしい

これが病院という感じが信じられない。

宮殿でもおかしくない立派な建物

振り返るとサグラダファミリア

 

入るとスライドや映像で歴史やあらましなどを伝えてくれていて、わかりやすい。

それも世界遺産になった影響もあるのかな?

 

意外にも病院は棟が分かれている

中庭があり、素敵な花が咲いている。

 

棟は地下でつながっており、食事を運んだり、非常時のルートになっているそう。

すごい!

 

病院の全容!!

素晴らしい風景

 

 

この回廊はインスタスポット!

韓国の女子グループがたくさん写真を撮っていた〜そういう感覚は日本と同じだな〜

 

そしてこの日も足がくったくた!

連日の疲れもあって、へとへと気味

 

ホテルの近くで夕食をとりたいと思い、ホテルの向かいにあるクラフトビールのお店が人気だと知った。

それなら行けると早速向かった。

 

 

50種類の世界のクラフトビールが並ぶ。

スペインのクラフトビールはそうだが、スペイン料理も連日なのでたまには違うものもいいかなと。

カウンターでオーダーして運んでもらうシステム。

カウンターのちょっとこわもての男性が親切にじっくりオーダーを聞いてくれて感謝

 

たくさんの種類のクラフトビールを迷っていると、小さなプラコップで試飲させてくれた。

おかげで好みの黒ビールをオーダーできた。

 

 

クラフトビールといろいろな味のジャークチキンが名物。

ハニーマスタードと辛いチキン

そしてサラダを頼んだら、1つづつ食材を選ぶ方式

おすすめはマグロやサーモンの刺身とご飯は?と聞かれて、「日本人だと思って寿司を進めてきた〜」と思ったが、のっかてみると、意外にもおいしくて、うれしい誤算!

 

そして思ったよりボリュームがあった。

店内で、フランスの教会が火災になっているのを知った。

スペインでもそのニュースでもちきりだった。

 

 

暗くてぶれているが、こんな雰囲気の店内

 

いいお店だった!

 

続く

JUGEMテーマ:旅行

長い旅行ももう少しと迫ってきてる

この日は月曜日。月曜日は世界共通で美術館は休み

そうなると、月曜日に行けるグエル公園に行こうと渡航前にネットを見てると4月1日からネット予約することによって地下鉄駅からのバスに無料で乗れるらしい。

それならと値上げになったチケットを購入。

 

当日、地下鉄駅には専用無料バスが止まっていた

ネットで予約したチケットを見せると乗せてくれる。

15分ほどで公園入口に連れてってくれるので安心

そのまま指定時間になると公園有料ゾーンへ(公園には無料ゾーンもあるので、市民もたくさん集っている)

有料ゾーンに入ると、有名なモザイクタイルのベンチ

このベンチ、改修されたばかりなのでとってもきれい。

一部はまだ改修作業をしていた。

ベンチからはバルセロナ市内が一望できる。

建物は以前、管理小屋だったところとか

お土産屋さんになっていたり、ガウディ記念館となっている。

このトカゲはグエル公園のシンボル!

世界の観光客がわんさか写真を撮ってる

 

この日は天気が良く、公園散策日和だった。

園内は広く、様々なゾーンがある。

有料ゾーンを抜けて無料ゾーンには展望台の塔もあり、より市街がきれいに見える。

サグラダファミリアもくっきり!

下の写真は、ガウディの家

グエル公園はそもそも住宅開発のためにつくられたのだが、中心から遠いのもあって1軒しか売れなかったとか。

それでガウディも1軒購入し、ここからサグラダファミリアへ通っていたとのこと。

こちらの住宅も改修したばかりなので、とってもきれい。

ガウディの家は有料だが、内部のほか、庭も見られる。

庭には、ガウディ建築のパーツが置いてある。

こちらはサグラダファミリアのパーツ。

 

山下公園がグエル公園をお手本にしているだけあって、山下公園に少し似ている。

園内は広く、たくさん歩き、大分疲れた。

昼過ぎに園内を見終わえてバスで地下鉄駅前に戻ってきた。

地下鉄近くのお店でランチ。

 

レモンビールとピザパン、ライ麦のサンドイッチ。

具材がたくさん入っていておいしかった。

こうした普通のお店でもサンドイッチやパンの質が高いと感じる。

 

続く


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM