JUGEMテーマ:グルメ

最近の札幌は天気が良く、まさに秋晴れの天気が続いている

 

そんな中、赤平市へドライブ

地震以来、バタバタしていたので、久しぶりのドライブ

 

赤平までは高速で1時間半くらい

まずはお寿司屋さんで赤平名物のがんがん鍋ランチ

がんがん鍋とは、ホルモン鍋

 

ちょっと味噌味がついた独特のやさしい味わい。

おいしい!

 

腹ごしらえの後は、赤平炭鉱

 

今は使っていない炭鉱を赤平市が買い取り、今回ガイダンス施設が新築で建てられた

博物館のように以前使っていた道具や炭鉱の地図、模型などのほか、午前と午後に案内してくれるツアーが開催される

ガイダンスのテーブルから立坑が見えるようになっていて、素晴らしいデザイン

 

 

道路を挟んだ炭鉱浴場だったところは、札幌市立大学の方のアートフェスをやっている。

場の雰囲気が素晴らしく、空気感が違うように感じる。

学生の作品、先生の作品、ゆかりの方たちの作品ありと盛りだくさんだが、

それぞれの良さがある。

 

 

元々浴場だったので、お風呂だったところ

 

 

 

 

 

 

 

アートを楽しんだ後は赤平の名物を買いに赤平ベースへ

赤平は道の駅がないので、これが道の駅のような役割。

農家さんが作ったトウモロコシやホットチキンという鶏肉の半身揚げを買った。

赤平満喫!

 

 

JUGEMテーマ:グルメ

先日、弟の子供が札幌に来ており、一緒に小樽観光に行った。

私自身も通過することがあってもなかなか小樽観光に行くという機会は少ない。

久しぶりにコテコテ小樽観光!

 

まずは車で小樽に行き、駐車場へ

この日は雨が降ったりやんだりの天気だった。

まずは観光協会で地図を仕入れ、プランを練る。

小樽運河をクルーズする船が新登場しており、それに乗ろうと予約

1時間に2本でるのだが、人気で前もって予約しておく必要がある。

 

街歩きをしながら、ランチの店へ

ここは小樽といえばここという鳥の半身揚げのなると。

しばらくぶりに本店にいくと、すでにたくさんの人が待っていた。

しかしながら開店を待っての入店だったので、スムーズに入ることができた。

夏休みでランチをやってなかったが、半身あげとおすしのセット

ボリュームがあるが、アツアツで味がついた鶏肉はジューシーでぺろりと食べられた。

満足〜!

 

昼食後は運河クルーズ

普段みている景色と目線が違い、ゆったりと進むボートで、とても楽しい。

水が跳ねるかもということで、簡易的なカッパを貸してくれる

 

橋の下を通ったり、少しだけ外海に出たりと、ゆったりながらも楽しみ処があり、うまくできたコースだった。

続く

 

 

 

 

JUGEMテーマ:グルメ

先日、仕事がらみで久しぶりに支笏湖へ

札幌から近く、ちょっとドライブにいい距離だが、普段なかなか行かない支笏湖

 

そして支笏湖はいくつかの場所に分かれており、キャンプ場があったり、温泉があったり、地区ごとに特色がある。

今回は札幌から一番近いポロピナイ地区

こちらはキャンプ場はないので泊まることは出来ないが、デイキャンプが楽しめ、売店やレストラン、トイレが完備されている。

魚釣りができたり、ボートに乗ることができるので、気軽に寄る方が多い。

 

水のアクティビティを楽しむ人も多く、家族連れでカヌーやスタンドアップパドル、小型のプレジャーボートなど個人で持ってる人も多いんだなと驚いた

 

昼休みに食べたのはあげいもと支笏湖でとれたヒメマスのフライ

どちらもアツアツでとってもおいしい。

ヒメマスのフライのフライは、小さい魚なので、骨もまったく気にならない。

すでに塩味がついているので、何もつけなくてもおいしかった!

 

 

JUGEMテーマ:旅行

長かったクロアチア物語もいよいよ最後

最終日!

集合が12時半だったので、それまで最後にザグレブへ

昨日みたドラツ市場は、地下があり、肉売り場。そして階段下は花市場と決まっている。

クロアチアは北海道同様にラベンダーが名物で、季節もぴったりだったので束で売られている。

そして半生のいちじくがおいしくて、1キロを友人と半分づつにして買って帰ってきた

日本ではないような柔らかいドライイチジク。

絶品だった。

帰りがけ、カフェでピザを買ってホテルに戻った。

部屋で最後のパッキングを終えてビールでサヨナラの乾杯

ビールはもちろんクロアチア産

 

ホテルからザグレブ空港までは30分ほど

近いのがうれしい。

そして古都とは似つかわしくないほどかっこいい空港内部。

空港自体は小さいので機能的

5時間かけて経由空港のドバイへ

ドバイにつくと酔い止めの薬と時差ぼけでめちゃくちゃ眠い。

待ち時間が4時間ほど。

しかしながら、空港内のおしゃれスポーツパブでW杯を見てると全然飽きなくてすごくよかった!

 

W杯を見られるお店がここしかないため、私たちが入ってすぐに満席になり、その後は店に入れない人が3〜4列になってサッカー観戦。

なんだか優雅な気持ちになった。

普段、煩わしい乗換の待ち時間もこの時ばかりは楽しかった!

 

そして乗り込んだドバイ〜成田便

行きは横になれるくらい空いていたのに、オーバーブッキングが出るほどの完全満席。

それは後から知るのだが、W杯の日本団の関係者が乗ったために満席になったとのこと。

私達は真ん中の4列シートの2つ目という完全真ん中

しかも隣はボブ・サップみたいなガタイのいい黒人男性!

トイレの心配など閉塞感がすごかったが、その隣のボブ・サップは、席を立ってる時が多かったり、私がトイレに行こうと話しかけると「ダイジョウブ」と日本語でかえしてくれるいい感じの方でほっとした!

 

機内が暗いため、色が相当悪いが、この機内食のサーモンが脂がのっていてめちゃくちゃおいしかった!

総じてエミレーツ航空の食事はどれもおいしい。

 

2食目のご飯は、つゆが入ったそうめん。

伸びていても嬉しい。

 

機内で見た「この世界の片隅に」。

見たいと思ってみたら、号泣してしまった。

本来は機内で見る映画じゃないよな…と思いながら、噂通りのいい映画だった。

 

10時間半のフライトを終え、ついに夜5時半に成田に到着。

その後、LCCで成田から千歳便

後泊しないですむのは大変うれしいが、家についたのはまさに深夜12時すぎ。

 

ついに長いクロアチアの旅も終了!

クロアチアが想像していたよりずっと素敵な街だったと知れてよかった。

また、W杯と重なり、ダブルで楽しむことができた。

 

秋から仁川空港からザグレブへの直行便ができると聞いてるので、今度はもっと行きやすくなる。

2度目も行きたいなと強く思った国だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:旅行

ランチでおなか一杯になったが、折角の自由時間だし、いろいろお土産も買いたい

クロアチアはロクシタンのようなオーガニックコスメのお店が有名で、その中でもアロマティカというお店が有名で、行ってみた

旧市街にあり、お店を覗くと、オーガニック石鹸や化粧水、乳液、クリームからシャンプーなどたくさんの種類

友人へのお土産や自分用など買い物を楽しんだ。

 

そして前日、上から眺めただけだったが、世界一短いケーブルカーに乗ってみることに

100円ほどの運賃を払うと上まで乗せてくれるのだが、本当に短い笑!

 

 

再び街を眺めると本当にほっとする。

これはまたぜひ来てみたい。

下る時、反対側から降りてみると、斜面に公園をつくっている!

美大の学生たちが作った公園のようで、アートっぽい雰囲気が素敵だった。

 

 

 

この日は月曜日なので、前日よりにぎわっていた。

とはいえ、札幌より人口が少ない首都なので、ゆったり。そういうところもいいな

ザグレブで一番人気のスイーツ店はここ!Vincek

ショーケースにたくさんのケーキが並んでいる中、ザグレブ名物のケーキは、ザグレバチケ・クレームシュニッテ

長い名前だが、薄いパイの上に軽いカスタードクリーム、そしてクリーム、一番上に薄いチョコレートが乗っている。

見た目はザッハトルテのように甘そうだが、カスタードクリームが軽い甘さで、とってもおいしい!

大きいが二人で半分づつペロリ!

 

 

暑い日だったので、アイスコーヒーを頼んだら、こちらにアイスコーヒーは存在しないよう!

普通のコーヒーを氷で溶かしてくれたものを出してくれたので、薄い笑!

日本発祥のアイスコーヒーと聞いていたが、最近はどこの国でもあると思っていたが、そうではなかったようだ。

 

ケーキを食べた後、ドラツ市場で旬のフルーツを食べたりもしたので、おなかが一杯ではあったが、この日はW杯の日本対ベルギー戦が行われる日。

こっちでは夜8時から試合が始まるので、それまでにホテルに戻りたいと思っていたので、6時すぎにお店に入った。

 

お店はクロアチア料理のおしゃれなお店

店舗が段々になっていて、階層ごとに席があるので、荷物の心配も少ないし、これは落ち着けるな〜

 

まずはクロアチアワインで乾杯!

 

すっきりとした白でおいしい!

サーブしてくれるおじさんもおしゃれなソツない接客で素敵。

クロアチアンプレートを頼むと、クロアチアで作られたチーズ(地方によってつくるチーズが違うとのこと)や

生ハムやサラミの盛り合わせ

一緒に名物のフォカッチャ。

ハムなどの加工肉が好きな私にぴったり!

すごくおいしいぞ!

 

あまりおなかが空いていなかったのもあり、このお店名物のリゾット

 

 

濃厚なチーズとリンゴの組み合わせが絶妙。

そして合わせるのはおすすめと言ってもらったおとなりのスロベニアのワイン

これは濃厚さもある白ワインでおいしかったな〜

ラベルを取らせてもらった。

 

サーブしてくれるおじさまも親切で、素敵なお店だった!

クロアチア最後の夜にふさわしいお店。

しかしながら、もう8時!帰らないと〜

 

 

ザグレブは、ハートのこういったオーナメントが名物となっている。

それを描いた卵型のアート。

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM